中学生に適した防犯グッズを説明します

中学生 防犯

中学生になるとそれまでとは違い、部活の遠征や練習があったり、学習塾行くようになったり、学区が広がり友人関係も広がるようになります。すると行動範囲も広がるのでより一層犯罪から自分自身で守る事ができるようにならなければいけません。防犯グッズと言えば防犯ブザーを持つ人が多いと思いますが、中学生になると大丈夫だろう、なんだか小さい子みたいで恥ずかしいという思いから持たない人が増えます。しかし防犯ブザーは大人でも持っていたい防犯グッズです。ぜひ、持つようにしましょう。最近では見た目には防犯ブザーとは分からないようなデザインの物も多く出ています。キャラクターが付いたものや人気ブランドの物もあるのでお気に入りを探してみましょう。また、自転車に乗って通学するという子も多いので自転車には反射板を付ける事で犯罪だけではなく、交通トラブルからも身を守ることが出来ます。

保護者が安心できる防犯サービス

今、ほとんどの中学生が携帯、スマホを持つようになっています。そこで携帯やスマホを使った防犯も人気が高くなっています。GPS機能があればどこにいるかが把握できることや、帰宅時間や今いる場所を適宜連絡しあう事が出来ます。しかし、インターネットを使った犯罪が増えているのも現状で、特に子供はそのターゲットになりやすいです。家庭で携帯、スマホについての使い方やルールを話し合う事はもちろん、保護者が一部管理できるようなプランにする事でトラブルを防ぐ事が出来ます。また、セキュリティ会社と提携したGPSとそのセキュリティ会社への通報機能だけの物を使う事で、インターネットトラブルを避ける事ができ、携帯、スマホが持ち込み禁止な学校でも許可していることが多いので持っていく事が出来ます。

手軽にできる保護者への連絡サービス

中学生になると保護者はまだまだ心配な反面、子供は連絡をせずどこで何をしているか分からないなんてこともあると思います。そんな時に役立つ防犯グッズが鉄道会社と連携した連絡サービスです。ICカードを使って子供が改札を通った際に、保護者にその事を知らせるサービスで、帰宅時間の予想を立てる事が出来、目的地に向かっていることが分かるだけでも安心材料になります。改札を通ったことを知らせる際には、同時にICカードの残高まで知らせてくれるので、チャージをするタイミングも分かり人気のある防犯サービスです。またこのサービスは入会金や初期費用が無いのも特徴で低価格で利用する事が出来ます。メールだけではなくアプリで連絡を受ける事が出来、設定も自分好みにする事が出来るのも人気の1つです。

当社のサービスは、電車通学をしている幼稚園から高校生のお子さまがいらっしゃる、お父様お母様など皆様におすすめです。 子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。 サービス利用時の初期費用は一切不要です。月々の費用だけでご利用が可能となっております。 中学生の防犯対策ならまもレールを利用しよう