お得にユニフォームの作成をする方法

サークルや部活など、同じチームで活動を行うようなときは、全体の一体感が大切になりチーム力を上げるためにも、団結力が必要になります。その時、全員がバラバラの服を着ていると、同じ仲間であってもどこかちぐはぐな雰囲気になってしまいます。そうならないためにも同じものを着ることが必要になり、大切になるのがユニフォームです。服装を同じにするのとは違い、チームの名前を入れたり特別感を出したりして、愛着がわくものであることも重要です。そのためには、同じシャツなどを使用するのではなく、業者に依頼をしてロゴやチーム名などを印刷してもらうことも大切になります。作成を依頼する際には費用が掛かってしまいますが、それをできるだけ抑えるには一工夫必要になります。

少数よりも大量に作るとお得になります

オリジナルユニフォームを作成する際には、少数作るよりも大量に作った方が一枚当たりの値段は安くなります。それには、製版代とプリント代が大きくかかわってきます。製版とは、シャツにプリントするデザインの原稿のことです。相場としては1色当たり5000円から1万円ほどであり、色の数が増えると版の数も増えることになり、値段も上がることになります。そのため、印刷するシャツが少ないほど、値段に響くことになります。また、プリント代は製版をシャツにプリントする代金です。これは作るシャツの枚数が多いほど、値段が割引されることが多く、少ない枚数よりも大量に作った方がお得になります。これらの2つの要素から、数枚しか作らないよりも何十枚と作ったほうが、お得になる仕組みです。

抑えることができるものは抑えること

オリジナルユニフォームを作成する際に、値段に大きく反映されるものがあります。それは、シャツ代です。シャツは、使用している素材などによって値段に変化があり、安く済ませたい場合には調整がしやすいものでもあります。相場としては1枚当たり400円から500円ほどになりますが、見積もりを取る際にシャツの値段が高かったら違うものを検討することも重要です。また、シャツ代以外にも袋詰め代やデザイン代などもあります。袋詰めは仕上がった商品を袋詰めする際に費用が発生することもあり、無料で行っている業者を探すことも大切です。デザイン代は、入校したデザインのレタッチなどにかかる費用になります。ラフ画を製版に仕上げる際に費用が発生することもあるので、きちんと確認しましょう。