どうすれば中学生に防犯グッズが広まるか

中学生 防犯

小学生の時は学校より防犯ブザーが支給されランドセルに装着していましたが、中学校へ入学するといつのまにか防犯ブザーは消えてしまい無防備な状態となっています。改めて中学生の生活環境を考えてみると、通学は徒歩から電車に変化しクラブ活動に参加しているため帰宅時間がとても遅くなる日があります。また塾や習い事、友達と買い物など行動範囲が飛躍的に拡大しています。特に女子中学生の保護者は、夜間の遅い帰宅はとても心配です。夜間の薄暗い住宅街道路や地下鉄駅の構内を通っていることが多いため、中学生や高校生こそ防犯グッズを携帯すべきと考えます。そのため最近では、中学校でも防犯ブザーの携帯を義務付けている学校があります。このような状況下、まず家庭で両親とお子さんが犯罪から身を守るべく防犯の重要性について対話することが重要です。

中学生を日常生活の危険から守ってくれる防犯グッズの最新情報

クラブ活動や学習塾等により遅い時間帯を中学生のお子さんが一人で帰宅することは、保護者として心配になります。またお子さん自身も暗い夜道やガード下通路を通る時、不安が募ることとなります。そのような状況の時こそ、防犯グッズを必ず持ち対策を講ずる必要があります。今、いざという時にお子さんの身を守る護身グッズが注目されています。一番の売れ筋は、使いやすさが特徴の防犯ブザーです。最近は女性を対象としたお洒落なデザインが人気です。特に女子中学生は通学バッグに防犯ブザーを取り付け、防犯に対する意識の高さを発信すると犯罪の抑止効果が得られます。もっと手軽に簡単使用できる防犯アラームは、手の中に納まる超軽量小型タイプとして売れ行き好調です。ブザーやアラームは電池が切れると機能しませんが、防犯ホイッスルブザーは電池切れでもホイッスル警報ができますから安心です。防犯グッズ情報を参考に是非対策を検討下さい。

行動範囲が広がる中学生を見守る安心の防犯サービス

ひとりで行動する機会と時間が増える中学生を、犯罪に巻き込まれないよう防犯対策を講ずるスペシャルなサービスが各企業から提供されています。まず紹介するサービスは、いざという時の通報サービスです。特に中学生の女子におすすめします。サービス内容は、危険や不安を感じたら携帯している装置ボタンをプッシュするだけで、サービス契約先から係員が駆けつけて保護してくれます。中学生のみならず大人の女性も利用価値が高いサービスです。次にお子さんが通学のため、いつも利用している駅での見守りサービスです。お子さんがいつもの駅改札を通過すると感知し、通過情報のお知らせをメール発信される仕組みのサービスとなります。無事に駅改札を通り、もう直ぐ自宅に到着することがわかる安心感が特徴です。但し、このサービスは全ての駅で実施されていないため、事前の確認が必要となります。