オリジナルのユニフォームの作成の魅力

仕事やクラブ活動など、複数の人で作られたグループによって一つの事を達成しようとするときには、チームワークが重要となります。そのため、全員の力を引き出すべく、一体感やモチベーションなどを上げることが大切であり、それを実現するための方法の一つとして、チームのオリジナルのユニフォームを付くって身に付けることが挙げられます。これは、先述した仕事やクラブ活動のみでなく、チームで何かを達成しようとする場合であれば何でも良く、たとえば高校の文化祭や体育祭、町内会の集まりなど、規模も目的も様々です。最近ではデザインだけ決めれば、あとは依頼すれば作成してくれる業者が増えてきているので、気軽に作ることが出来るでしょう。では、その魅力や役割などについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

一体感やモチベーションを向上させる役割

たとえば、プロのスポーツチームや様々なお店の制服など、日常においては様々なユニフォームを見かけることができます。これらの役割は、チーム内の全員が同じものを身に付けることにより、それぞれがチームの一員であることを自覚し、一体感やモチベーションを向上させることです。一体感を共有することは、チームプレイを実践していく際には非常に重要であり、各個人はもちろんのこと、当該チームの成長にも繋がります。また、単に出来上がったものを身に付けるのではなく、作成の段階でチームに所属する個人個人の意見や考えを聞くことにより、それらをデザインやロゴに反映させることも効果的です。今後ずっと身に付けていくものになるので、なるべくチーム全員で考案するようにし、そこでも一体感やモチベーションを向上させるように心掛けましょう。

存在をアピールすることや、行動を監視する役割

社会に存在をアピールすることや、当該チームの行動を監視するなどの役割も果たします。まずは前者についてです。たとえば、有名な企業やよく行くお店のロゴやマークを覚えていることが多いように、アピールや宣伝に繋がります。そのため、人の目を引くデザインやロゴを考えることが重要であり、かつ複雑すぎずにシンプルなものを作成することがポイントとなります。次に後者についてです。デザインやロゴが覚えられやすいということは、仮に何かしらの不祥事を引き起こせば、どの企業やチームが起こしたものか、すぐに判明してしまいます。つまり、ユニフォームを身に付けることは、常にチーム外の人々からも見られているということであり、行動を監視されるようになります。したがって、チーム全体が規則やルールを守るようになり、それがチーム全体の印象の向上に繋がることでしょう。