ユニフォームの作成におけるメリット

“人間は好むと好まざるに関わらず第一印象というものを感じます。例えば、会った瞬間に好感を持ったり反対に嫌悪感を持つこともあります。人間は機械ではなく感情を持った動物ですので致し方ないことです。この事実を押さえたうえでビジネスの世界ではふるまう必要があります。ビジネスの世界では結果だけが判断の源になります。厳しいようですが、もし失敗したやり方を続けていたなら必ず企業は倒産します。それが現実です。ですから、よい結果を得るためには第一印象をよくすることが大切です。その第一印象をよくするためにユニフォームが効果を発揮します。繰り返しになりますが、その理由は第一印象にあります。ユニフォームは人の第一印象をよくする効果があります。そのメリットを理解しておくことはとても大切です。

ユニフォームを作成する意味について考える

日本語では制服といいますが、制服の効用についてある公的機関が次のように指摘しています。「仕事とプライベートの意識の違いを意識する」「仕事に対するプライドを持つ」「私的な洋服を汚さない」「顧客との区別がつきやすい」「仲間意識、連帯感を持てる」などですが、まさに「たかが制服ですが、されど制服」です。人間というのは不思議な生き物で精神的な要因で元気にもなりますし、疲労も感じます。つまり肉体的なことと同じくらい精神的な要因が健康に影響を与えています。これは健康ばかりではなく働く意欲にも影響を与えています。褒められたときは「もっと頑張ろう」と思った経験のある人はたくさんいるはずです。その精神的な部分を高めるために制服が果たす役割は大きなものがあります。「私的な洋服を汚さない」とか「着ていく服に気を使わなくてよい」などという表面的なことだけではないものがあります。

制服(ユニフォーム)の作成が与える企業のイメージ

制服が与える効用には精神的な部分がありますが、それは働く人だけに影響を与えるものではありません。企業のイメージにも影響を与えます。しかもかなり大きな影響です。かなり前になりますが、産業界ではCIが流行したことがあります。CIとはコーポレート・アイデンティティの略ですが、わかりやすい例では企業のロゴを変えたことです。ロゴを変えたことの最も大きな効果は企業のイメージが変わったことです。例えば日本語から英語に変えただけで洗練されたイメージが出た企業もありました。このようにイメージが企業に与える影響は少なくありません。制服があるかないかも同じような効用があります。従業員が全員同じ制服をきているだけで信頼感が増すこともあります。ですから、制服を作成することは外見的な見た目以上の効果があります。