持っていて良かった中学生用の防犯グッズでの成功例

中学生 防犯

中学生になると帰宅時に友達の家に寄ったり、部活や塾などで帰宅時間が遅くなったりと、夜道を子供達だけで歩く機会も多いのではないでしょうか。親としてはとても不安になりますよね。小学生は入学時に防犯ブザーなどのグッズを配布している学校も多いかと思います。小学生はランドセルに付けていますが、中学生になるとなかなか持ち歩かなかったり忘れたりするのではないでしょうか。そこで中学生に人気の防犯グッズをご紹介します。中学生と言ってもやはり防犯ブザーです。女子にはハートの形をした物や男子にはスポーツブランドのロゴが入ったものなどもあります。また、バスや電車による通学がある子供には押されてブザーが鳴ってしまうこともあるので、ホイッスルを持たせているご家庭もあるようです。中学生はまだまだ防犯に関する対応が出来ません。防犯グッズを持たせ身を守りましょう。

中学生の子供を持つ糧に適している防犯グッズ

中学生に持たせる防犯グッズのアイテムの一つとして防犯ブザーがあります。これは一般的に使われているもので、ボタンを押したり紐を引っ張るとブザーが鳴るといった比較的ポピュラーなものです。しかし、いざという時に動作が出来なかったり、電池切れということもありますので年に一回は動作も含めて確認しておきましょう。次にホイッスルです。防犯ブザーだと人に接触するようなバスや電車での通学では誤って誤作動することもありますのでホイッスルを持たせているご家庭もあるようです。次にGPS機能携帯電ですが、これは現在位置が把握できることで使われることが多いようです。また、警備会社が提供している防犯システムを利用することも出来ます。専用端末を持ち歩くことで位置検索や通報機能に防犯ブザーなどの機能が付いています。ただし、プランによって料金が異なってきますので確認してください。

中学生が防犯グッズを持っていて成功した例

TVや新聞などでも報道されていますが、小中学生の子供たちが連れ去られるといった事例をよく見聞きします。最近では知っている人や、子供たちを守るべき地域の大人が連れ去ってしまうといった事まで起こりました。これでは子供達も本当に誰を信じていいのか不安になります。中学生などに車から声をかけて自動車に無理やり押し込み手足をテープなどで縛って連れ去ろうとした事もありましたが、大声を出したり、防犯ブザーを鳴らすなどして危険を周囲に知らせたお陰で助かったという事例もあります。登下校中のみならず、日常茶飯事どんな事が起きるかわかりません。防犯ブザーやホイッスルなどは必ず直ぐ手に届く位置に付帯しておくことが肝心です。防犯グッズを常日頃から携帯し、犯罪から身を守るよう心掛けることが必要です。