最新の中学生用防犯グッズの機能性

中学生 防犯

今の日本は、昔に比べ凶悪な犯罪が増え、治安も良くなっているとは言えないと思います。お子様をお持ちの親御さんは、心配になる時もあると思います。もし、お子さんでも、何かあったら自分の身は自分で守らなければいけません。そんな時に便利なのが防犯グッズです。お子さんが、中学生ぐらいならば、自分の判断で、防犯グッズを使いこなせるはずです。お子さんが登下校する際や、一人での留守番など、お子さんが成長するにつれ、親御さんがお子さんに自分のことは自分にさせる頻度は増えてくると思います。もし、万が一の時のために、防犯グッズを用意し、それを使いこなせるようにしておけば、何かあった時も安心です。では、防犯グッズにはどのようなものがあるのか。どのようなメリット・デメリットなどがあるのかを見ていきましょう。

中学生が使いこなせる防犯グッズ 防犯ブザー

定番の防犯グッズとして紹介するのは、防犯ブザーです。これは、小学生のお子様でも使いこなせると思います。もちろん、中学生以上のお子さんにも有効な防犯グッズです。使い方としてはひもを引っ張ったり、ボタンを押したりすると大きな音がなり、緊急事態を周りに知らせてくれるものになります。ただしトラブルが起きてパニックになった時に、冷静に使いこなせるかというデメリットもあります。普段から動作の確認などをし、操作に慣れておく必要があるかもしれません。ブザーは、乾電池式のものが多いようなので、普段から乾電池が切れていないかなど、チェックしておくことも忘れないようにしておきましょう。以上が、防犯ブザーの紹介です。シンプルな機能で、大きな効果のある防犯グッズです。ぜひ、使用してみてください。

中学生が使いこなせるその他の防犯グッズ

その他にも、防犯グッズはさまざまなものがありますが、普段から所持しているのにちょっと抵抗のあるものもあります。例えば、催涙スプレーです。催涙スプレーとは、相手に吹きかけることで、相手をひるませることができる防犯グッズです。刺激物を使用しているため、間違って使用すると危険です。ましてや、中学生などの学生が、学校に登校する時に、携帯するのにふさわしいかという疑問があります。その他にも、護身棒やスタンガンなどがありますが、防犯としても行きすぎ感が否めないので、なかなか携帯するまでには至らないと思います。大きさや重さもあるため、持ち運びにも不便です。ここまでを総括すると、一番使いやすいのは防犯ブザーということになりそうです。一番手軽で持ち運びもしやすく、効果もある。まず導入するなら、防犯ブザーをおすすめします。