防犯グッズの特徴を時代別に比較する

中学生 防犯

一昔前までは子供に防犯グッズなどを持たせるということは稀だったのではないかと思いますが、今では小学生や中学生が防犯ブザーをランドセルや通学カバンに付けて携帯しているという姿は珍しくありません。昔から広く使われてきた防犯グッズとしては防犯ホイッスルがあります。こちらは電池を必要としないというメリットも有り、防犯や防災グッズとして使われてきました。現在では中学生でスマホや携帯電話を持つ方も増えています。GPS機能や見守りサービスのアプリなどを使えば、お子さんの下校時刻なども親が把握することができるので、帰宅時刻や塾へ直行した場合のお迎え時間の見通しを立てたりするにも便利な機能ではないでしょうか。いざという時には音の出るものも多くありますので防犯ブザーの役割も果たすことができます。

中学生におすすめの防犯グッズとは

防犯グッズといっても様々な種類が有ります。先に紹介した見守りサービスなどはスマホや携帯をお持ちの方には心強い味方になってくれると思います。また、犯罪から身を守るという意味では催涙スプレーは有効な手段の一つと言えますが、実際に使用するには大人でも勇気がいることですので、中学生が携帯するには抵抗がある方もいるでしょう。やはり、中学生の防犯グッズとして使いやすいのは防犯ブザーがお勧めです。防犯ブザーと言えば小学生がランドセルにぶら下げるイメージが強いですが、最近ではチャーム型のものや、一見防犯ブザーには見えないようなキーホルダー型もあります。あまりにも音が大きすぎて使うのをためらってしまう方のためには音が小さめのものもありますので、自分の好みに合ったタイプを探してみるといいでしょう。

犯罪に巻き込まれないための心構え

中学生の防犯にはグッズだけではなく日ごろから犯罪に巻き込まれないようにする工夫も大事です。中学校では学校にお金を持ってくることを禁止している所も多いかと思いますが、もし、お金を持って行く場合も必要以上にお財布に入れないように気を付けましょう。また、部活や塾などで帰宅が日没後になるケースもあると思いますが、反射材のキーホルダーを通学カバンに一つ付けておくだけでも自分の存在を周りに知らせることができます。自転車の場合は、かごに入れた貴重品をひったくりから守るためにはかごを覆うカバーを付けるのも有効です。自転車自体の盗難から守るためには簡易的なものでもいいので、施錠を二重にすると大きな防犯の役割を果たすことが期待できます。犯罪を起こしたくなるような要素を取り除くことも防犯の重要なポイントになるのです。